2006/12/10

韓国のツーア


今朝は何の努力をしなくても起きられた。寝ていたけれど半分起きていたような、またはその反対のような。 いつものように、飛行機の中で目が覚めて、空の上から自分の町を見下ろす。その町は自分が地上にいるときに見る町と同じ。でも、空の上から見ると、それは遠景で、意識半分で人生を生きているような(人生を遠景で見ているような)感じ。そして今、私はこの飛行機の中で、自分の町ではなく、太平洋の上、韓国に向かっている。
私は台所や、コーヒーを入れることや、17歳のときに行ったバス旅行、シカゴからロサンゼルス(約束の地)へと、家を初めて離れた旅のことを思い出す。ギターとスーツケースを抱えて。バスに乗っているさまざまな人たち。私は、安っぽい、しわしわのスーツを着て、スーツケースを持った男を思い出す。そのスーツケースは酒瓶でいっぱいだったと後で分かったけれど! あの頃は、何もかもがクールに見えた。 なりゆきにまかせ、ルールを破った。自分の信念の殉教者。
何年もの間考えたこともなかったあの旅のことを、今朝思い出すのは奇妙だ。一方で、とても納得がいく。なぜなら、今私は、ギターとスーツケースを抱えて約束の地に行こうとしているから。私たちはたった今、新しい約束の地を見つけたのだから、人生というのはおもしろい。でもこれは、パーティでもなくディスコでもなく、韓国だった。強烈なプライド、断固たる強さ、敗北と、それにも係わらず、またすぐに立ち上がってきた歴史に満ちた国。全体的に見、典型的な、やさしい、守られたアメリカンライフを送っている私は、韓国の人々に畏怖の念を抱き、恐れ、そして魅了されている。
そして、韓国の人々は私をどう思うだろうか?今、この新しいアルバムとビデオをアンビバレントな韓国にリリースした後、実際に韓国に向かっている。賞賛と、感謝と、祝いの、そして、非難の手紙。「背景」がなければ、自分でも、それは、またいつもの、アメリカ人によるアジア文化のステレオタイプに見える。しかし、実際は、私の音楽や、ビデオや、メッセージなど全ては、文化の理解と交流への大事な貢献だ。しかし、韓国の人々は、私をどう思うだろうか?私は、尊敬されるだろうか。ののしられるだろうか。それとも、ただ、無視されるだけだろうか。これは、30何年前にロサンゼルスに行ったときと同じように、大きな賭けだ。あまり期待はしていなかったけれど、その時がきたら、私は虎のように立ち上がる。この、「イベント」は、私を、家から逃げた、不恰好で柔なティーンエージャーに戻す。そして、現在の私(このツアーにかかわる人々、私の会社の従業員、そして、ここに乗せるメッセージに対する責任を持つ)を隠す。そうだ、リスクは大きいけれど、報いも大きい。

------------------------------------------------------------------------------------------------

Let the pictures do the talkin写真が物語ります。
Day trip to Gyoungbukgung palace, by way of Myungdong stream.ガンバクガンパレスからミュンドンストリームまでの1日旅行。

























-----------------------------------------------------------------------------------------------

First show at Freebird in Hongdae
ホンダエのFreebirdでの初めてのショー。



























---------------------------------------------------------------------------
DAY 3 - Panmunjeom and the Demilitarized Zone - Separating North and South Korea. This building, and this table, straddle the border between North and South Korea. The center line of the table is the border, so I can say that for a brief, shining moment, I was in North Korea...
DAY3 - パンミュンジョンと軍備かされていない地域 - 朝鮮と韓国を分かつ地域。このビルとテーブルは朝鮮と韓国にまたがっている。中央の線が、国境。一瞬、瞬く間だが、私は朝鮮にいたと言える。



My heart raced, and the hairs on the back of my neck stood up when the bridge came into view. It was a feeling I can't describe. Deep inside. And an eiry sense of deja vu after filming the video on "our" bridge in So. California that looks so much like this.橋が視界に入ってきたとき、心臓は早く打ち、襟足の髪は逆立った。説明できない気持ち。私の深いところで。南カリフォルニアで「私たちの」橋のビデオを撮影したあとで、(実際の橋と南カリフォルニアの橋は似ているので)デ・ジャ・ヴのような感覚に陥った。














And Kalbee and Souchu to wash it downカルビと、カルビを洗い流すための焼酎。











---------------------------------------------------------------------------
DAY 5 - BAND ON THE RUN
or
TO HELL IN A HANBOK
I've done life on the road, but never like this. It's about 1pm on Sunday, and I'm sitting in my hotel room in Seoul, waiting for a phone call that will decide the outcome of this tour.いろいろな経験をしたけれど、こんなことは初めて。今、日曜日の午後1時で、ソウルのホテルの部屋で、このツアーの成果を決定する電話を待っている。
Yesterday, we were booked into a Seoul club called FunkyFunky at 9, but had an invitation to come back to the club we played at on Thursday, for an encore performance earlier. So we hustled down to this club (Freebird), and sat...and waited...while other bands sound checked, rehearsed, etc. It became so late that we had to bail and head over to FF. 昨日、私たちは、ソウルの FunkyFunkyというクラブに9時にライブの予約があった。しかし、木曜日に演奏したクラブのアンコールとして、再度演奏のリクエストもあった。私たちはクラブ、Freebirdに急ぎ、他のバンドがサウンドチェックとリハーサルをする間、待っていた。時間がとても遅くなったので、私たちはクラブFunkyFunkyに戻らなければならなかった。



Then, we get to FF, and find we were misbooked into a PUNK club, had no guitar tech, as promised, and asked to play 2nd, not headline. But the show must go on, クラブFunkyFunkyに戻った後、私たちは間違えて、パンクのクラブに予約されていたことが分かった。約束のギターテクはいない、トップではなく、2番目に演奏するように言われた。しかし、何があっても、ショウは続けなければならない。




So, 2 seconds after the last note of the last song, feeling lucky we weren't stoned to death by the testosterone-laiden ex-pat/english teacher punk crowd, we made our way out the door. The club owner follows us out, and says 'where's my money?" (in Korean - we had our awesome guide - Jinney with us to interpret). I laughed, and laid out what our agreement was, how they didn't come through with any of the promised items on our agreement, and said 'we're leaving.' So, the 4 of us hightail it out of the club, with all our in hand, and pick up speed as we make our way down the street. Tanner breaks into a rousing version of McCartney's "Band on the Run," and soon, all of us were singing along as we sped away from the scene of the crime…最後の曲の紹介の2秒後、私たちは、ハードコアパンクの群集の中で、石のように固まることなく演奏できたことをラッキーに思いながら、クラブを後にした。クラブのオーナーがついて来て、「金払え」。(私たちには、ジニーというすばらしいガイド件通訳がいた)。私は笑った、そして、契約を持ち出して、彼に、契約通りになっていないことを言った。そして、私たちは失礼する、と、彼に言った。私たち4人は、最速で一目散に駆け出した。タナーはマッカートニーの"Band on the Run," を歌いだし、すぐに私たち全員は、逃げる間、タナーと一緒に歌った。
Well, he calls the so-called booking agent, who calls Jinney, and threatens to have us detained at the airport. Being a Korean-only speaker, I had to argue with him through Jinney (which was so unfair to her). I finally instructed her to take the money back to the club owner and wash our hands of this whole deal. 彼は、ブッキング・エージェントというが、そして、ジニーに電話で、私たちを空港で捕まえると、脅したが。私一人だけが韓国語を話せるので、ジニーを通して、私は、彼を言い合いをしなければならなかった(ジニーにはとても、アンフェアだった)。私はとうとう、クラブの責任者にお金を返すよう、ジニーに言って、この件は終わった。
But that leaves tonight's show hanging in the balance. After a sleepless night, walking around the streets of Seoul, I decided to put it back in their lap - we'll play if they agree to the terms of the original agreement, 今夜のショウをどうするか、分からない事態に陥った。眠れない夜の後、ソウルの街を歩き回り、私は、彼らが、オリジナルの契約とおりにするのなら、お金を払うということに決めた。
And so, here I sit, waiting for word on whether or not we'll play, and how we will resolve this mess. そして、ここで、私は座って、お金を払うかどうか、そして、この件をどう解決するか、考えあぐねていた。
Happily, I got on famously with the owner of the first club - Freebird, and we've got our finger on the pulse of what's really going down in this town for future tours for us, and I hope for more western bands. And I hope my experience can guide those to come after me, and avoid making the same mistakes as I've made. 幸いなことに、最初のクラブ、Freebirdといい関係を作り、この町、ソウルで実は何が起こっているのか、将来のツアーの為に、私たちそして、他の、外国からのバンドの為にも、知ることができた。そして、私が犯した間違いを繰り返さないように、他のバンドの為に私の経験が役立つように願う。
Final note - the girls in the band have been awesome, and Jinney has been a saint. And I've met some great new friends here. And, I hope, reached a few with our message of international friendship and exchange. I'm told that the hotel here played our music all day long yesterday. I'm glad we were out. Don't think I could take listening to any more right now! 最後に、私たちのバンドのメンバーは最高だった。そして、ジニーはとても、いい人だった。何人かの素晴らしい友人をつくることが、ここでできた。私達のメッセージが国際間の友情を文化交流に役立つことを願う。私達が泊まったホテルでは、私たちの曲が昨日一日中流れていたそうだ。私は、抜け出せて、ほっとしている。これ以上聴けると、思わないで!
-----------------------------------------------------------------------------------------------
DAY 6
WHAT A DIFFERENCE A DAY MAKES全く違う1日。
I think Asian people have an admirable way of sweeping the past under the rug, and focusing on the now, and preserving the 'relationship.' To many, the "relationship" is the most important thing ・whether it's business, friendship, family, whatever. In this spirit, I received a call from the
agent, who turns out not to be an "agent" at all. He is a volunteer for a non-profit organization called CCA, or Club Cuture Association..アジアの人々は、過去を洗い流して、今現在の関係を守ることに集中する、賞賛すべき方法を持っていると思う。多くの人にとって、関係は、仕事であろうが、友人であろうが、 家族であろうが、大変重要だ。 エージェントから(後で、彼はCCA-Club Cuture Associationのボランティアで、エージェントでもなんでもないと分かったけれど)電話があった。

All the booking, the endless phone calls and questions from us in the weeks/months before the tour, he fielded for free. So, he calls and asks me to read the email he just sent, explaining all this, explaining the problems we'd had, and genuinely, deeply apologetic, and hopeful for working together in the future. So, I agree to meet with him at the club du jour ・"Club TA" that evening. Jinney came by the hotel early and came up to my room with her friend "Hyon Li."全ての予約、何ヶ月、何週間も前からの、私たちからの限りない電話の問い合わせなどを、彼は無料でやっていた。彼は電話で、今送ったeメールを読むように私に言った。そして、全てのことと、問題を真摯に説明し、謝った。そして、将来また、一緒に仕事をしたいと言った。私はその夕方、club du jour "Club TA"で彼と会うことに同意した。ジェニーは彼女の友人のHyon Liと早めにホテルに来た。

I made them tea and had a nice visit before heading out into the late afternoon. Jinney said she'd never been served tea before by an American. 私は彼らにお茶をもてなし、午後遅くライブハウスに行く前に、いい時間を過ごした。ジニーは、アメリカ人にお茶をもてなしてもらったのは初めてだと言っていた。

I love it when she talks that way.彼女が、ああいう風に話すのが、大好き。


Walking into Club Ta, we felt like we were walking into a land of make-believe. Thoughtfully decorated in warm, Moroccan/Indian d馗or, we were greeted with a friendly and appreciative English-speaking club owner named "Kiu." He greeted us with presents, introduced us to his staff, brought ice water and we got set up and did sound check with the smoothest sounding PA system in recent history! This was amazing!
Club Taに入っていくとき、私たちは、まるで、何でも実現する所に来たような感じがした。私たちは、暖かい感じのモロッコ、インド風のドアを通って、オーナーのキウに、フレンドリーで感謝のこもった挨拶を頂いた。私たちは、彼からプレゼントをもらい、スタッフに紹介してもらい、冷たい水の入ったグラスをもらった。そして、近年に無いくらい、順調なPAシステムでサウンドチェックをした。全く素晴らしかった。

I was in the "band lounge" off the side of the stage, when the "agent" showed up and popped his smiling face through the gauzy curtain separating the room from the stage. We had a truly gratifying meeting. He, too, is interested in, and works to bring about cultural exchange, and brought gifts of CDs, DVDs, etc. and spoke at length about how things worked, and why things happened the way they did to us. And of course, again, profusely apologized. I reciprocated with gifts for him and the club owner, and shared a warm, genuine conversation with him. When he left I realized we
had not only salvaged our relationship, but established a rapport that will enable us to continue to work together on this idea of cultural exchange in the future. バンドラウンジにいた時、ステージとラウンジの間のガーゼのカーテンから、「エージェント」が笑顔で入ってきた。私たちは、本当に満足の行く話し合いを持った。彼も文化交流に興味を持ち、その仕事をし、CDやDVDなどのプレゼントを私に持ってきた。彼は、現状と、なぜ、このようになっているのかについて話した。彼は、やたら謝っていた。私はプレゼントのお返しを彼とクラブオーナーにした。そして、暖かい、真摯な会話を彼とした。彼と別れたとき、私たちは、仲直りをしただけでなく、将来、文化交流の仕事を一緒にする為のよい関係を作れたことに気づいた。
After a memorable meal with Jinney at a chicken soup (samgyetang) restaurant that Christina was focused on going to, we made it back to the club, and enjoyed the sets of two acoustic, Korean "boy-bands" before us.クリスティーナが行きたがっていた、chicken soup (samgyetang) レストランでの思い出深い食事の後、クラブに戻り、私たちの前の"boy-bands"という、2人編成ののアコースティックの演奏を楽しんだ。
Our set went well, and I continue to be gratified at the response from audiences at what I'm saying (In Korean) between the songs. It's a simple message ・I hope that Korea and America can be friends ・but they always
cheer and shout when I say that. I'm very happy. 私たちの演奏をうまく行き、私は、曲の間の私の韓国語のトークへの観客の反応に満足した。それは、シンプルなメッセージだった。「韓国とアメリカが友達になれますように。」私はそれを言うたびに、観客から喝采をあびた。私はとてもうれしい。
>From there, we quickly made it to Seoul Tower just before the lastelevator of the night ascended into the heavens above the amazing Seoul skyline at night. そこから、私たちは、ソウルタワーへ急いだ。そして、驚くべき、天国のようなソウルの夜景を見るために、最後のエレベーターで上がっていった。
After saying goodnight to Jinney back at our hotel, the 3 of us found the perfect, late-night dive restaurant called the "Matching Mole." ・a comfortable place for us to make fools of ourselves in relative obscurity one last time together. Oh, and the food was pretty good, too.ホテルでジニーにさよならを言った後、私たち3人は、 "Matching Mole"という、深夜潜り込むのにパーフェクトなレストランを見つけた。そこは、私たちが自分たちのことを自嘲するのに良い所だった。食べ物も、わりと良かった。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
DAY 7
After one last morning, engaged in our respective Korean diversions (me, at Jogyesa doing temple bows, the girls out for one last mini-shopping spree), we check out of the hotel (to the sounds of our music playing over the hotel sound system. Actually, it sounds OK to me this morning), we say our goodbyes, and make our way to Incheon airport. One last meal of bibimbap, and we're on the plane heading east at 30,000 feet. 最後の朝を迎え、韓国の娯楽を楽しみ(私はJogyesaという所で弓を引き、バンドの女子は最後のミニショッピングの浮かれ騒ぎ)。私たちはホテルをチェックアウトした。(そして、ずっとホテルで流れていた、私たちの音楽にも、チェックアウトした。本当のところ、その朝は、その音楽に対して、まぁまぁと思っていた)。私たちはさよならを言い、Incheon空港に向かった。最後の食事はビビンバで、私たちは、30,000フィート上空を東へ向かった。
This time, I'm wide awake. 今回は私ははっきりと目が覚めていた。
Not the half-sleep state that I came here in. こちらに着いたときの、半分眠っているような感じではなく。
Korea has a way of doing that to you・韓国には、独特の、もののやり方がある。
Korea.韓国。

ラベル:

2 Comments:

At 12:21 午後, Anonymous 匿名 said...

As you would expect, all of their will build toward a state of sexual arousal. While they may have already long been resulting from gratification, they're able also be used as foreplay with your partner or sometimes as treatment for sizegenetics ejaculation. From the past, it was not an easy matter to find a male sizegenetics therapist who is skilled in erotic gay sizegenetics. Fortunately for all of us, the telephone and word-of-mouth has been supplanted by the Internet. It gives you options which is able to show you how to shape the entire experience in your dreams and desires.
http://sizegenetics-reviewx.tumblr.com/

 
At 10:44 午後, Anonymous 匿名 said...

OvcFcw [url=http://onnrainnmcm.com/#96571]MCM 店舗[/url] SuyJwp http://onnrainnmcm.com/ LdoYyu [url=http://mcmsenmon.com/#92237]MCM 財布[/url] RbeKrt http://mcmsenmon.com/ GveRws [url=http://ninnkimcm.com/#02615]MCM 財布[/url] CsoSej http://ninnkimcm.com/ QrtCmx [url=http://kaidokumcm.com/#32487]MCM iphoneケース[/url] FjgAge http://kaidokumcm.com/ RmcCcl [url=http://manzokumcm.com/#73652]MCM 韓国[/url] YgvIsu http://manzokumcm.com/ AsbYha http://chloenihon.com/ GceUcy [url=http://chloenihon.com/]クロエ キーケース[/url] DxyEwb http://louboutindendou.com/ JskSef [url=http://louboutindendou.com/]ルブタン ブーツ[/url] KubErq http://guccisenmon.com/ OqhUpx [url=http://guccisenmon.com/]グッチ 店舗[/url] ZumJwx [url=http://mcmhannbai.com/]MCM 韓国[/url] UmjFvh [url=http://mcmhannbai.com/]MCM 長財布[/url]

 

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home